水素ガス検出センサー

取扱いメーカー H2scan

H2scanは、水素検知および監視技術を専門とするアメリカの企業です。石油・ガス、電力、化学工業などで使用される高感度センサーを開発・製造等をおこなっています。設備の安全管理を強化し、持続可能なエネルギーソリューションを提供しています。

10年保証で長寿命

特許を取得済みの独自のソリッド
ステート水素限定合金技術で
長寿命を実現。

消耗品の交換不要

バックグラウンドガス、キャリアガス、
その他の消耗品は一切不要。

メンテナンス不要

センサー内の自動校正により、
定期点検・メンテナンスが不要。

リアルタイム監視

リアルタイムに監視できるため、
異常の早期検出が可能。


変圧器の絶縁油中
水素ガス濃度と油温を
リアルタイム監視!

絶縁油中水素ガスDGAモニター
GRIDSCAN™5000

絶縁油の水素ガス検知

水素ガス検出センサー

こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 手順が繁雑
  • 点検に人手と時間が必要
  • 高経年機器の運用
  • 1年~3年程度で実施される定期検査にコストがかかる

IoTとAIを活用した
状態基準保全の技術
により、
高経年機器の信頼性が向上!

GRIDSCAN 5000は、変圧器の絶縁油から発生する水素ガスの濃度及び油温の変化をリアルタイムに検出するため、停電を回避し、変圧器の安定稼働を実現します。

GRIDSCAN 5000の仕様と構成

バッテリールームの
水素ガス濃度を
タイムリーに監視!

水素ガス検出センサー
HY-ALERTA 5021™

空気中の水素ガス検知

水素ガス検出センサー

水素ガスのリスクと
現状をご存知ですか?

  • リチウム電池の内部短絡や電池パックの過充電により水素ガスが発生
  • 鉛電池の充放電の際に電解液中の水分が電気分解され水素が発生
  • 換気用ファンの電気代が高く、水素濃度を検出していないリスクもある
  • 水素ガスが4%を超えると爆発するリスクがある

リチウムイオン蓄電池(BESS)と
同等
の耐用年数を持つ、

市場で唯一のセンサーです!

HY-ALERTA 5021は、データセンターや工場等のバッテリーエネルギー貯蔵システムなどで使用される、鉛電池やリチウム電池から発生する空気中の水素ガスを検出するセンサーです。

バッテリーシステムへの導入事例




【本製品に関するお問い合わせはこちら】

メーカーHPhttps://h2scan.com/